不正ダイヤモンドの買取りに気づけない消費者たち

殺人や争奪、果ては紛争まで起こし、このような形で手に入れられたダイヤモンドは不正であるとし、1998年には不正ダイヤモンドは買取ったり販売してはいけないと言うルールが国際社会で決められました。しかし、結局ダイヤモンド紛争はその程度のことでは終わりを告げませんでした。ルール違反は悪者の当たり前であり、それでして消費者は不正ダイヤモンドを買取った意識など持てないのです。このような不正ダイヤモンドを国際社会から排除するために産地を明確にしてダイヤモンドの販売がされるようになったり、またデビアス社は社の刻印を印すようになりました。ですが、それらが不正ダイヤモンドの流通を止めることは、残念ながらありませんでした。


PGSホームQ&Aのページ

どんなわんちゃんですか?